どうにかしてで美人になりたい人必見です! オシャレな人に見せるためには!!

Pocket

綺麗になりたいともうのは自然なことですよね!!ですが、一体何をどうすればいいのでしょうか?そういったことに答えていきたいと思います。

気をつけること

「好きなもの」=「似合うもの」だと思わないこと

確かにその通りですよね。好きだと思っていても実際にあっているかと言われると微妙なことも多々あるものです。みなさんにも経験があるのでは?

出典お洒落、綺麗に見えるコツ : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

あなたらしさをアピールするにはどんなファッションが良いか、どんなヘアスタイルが良いか、それを時間をかけて知っていくことが大切です。

ファッションには、色・形・イメージ・ディテール・素材などの上にトータルバランスが大切です。

点と点をつないで輪郭を描くのといっしょで、点を見ているだけでは全体像が見えてきませんからね。だからといって、点にこだわラないのも問題あると思いますが、何事にもバランスが大事ですからね。

自分の年齢、スタイル、顔立ち、TPOなどに合わせるのが重要だと思います。

やっぱり人には個性が必ずあります、面長だったらその個性を生かすようにコーディネートするべきでうもんね、その最たるものは体型だったりするのですが・・・ダイエット・・・しなければいけないときはしなければいけないかもっしれません・・・

ヘア・メイク

髪型は重要ですよ~!!

これも、どうしても似合う髪型、似合わない髪型があるのは当たり前で、さらには髪型にあったコーディネとにまで発展しますからね。大変です。

髪と化粧(濃い薄いではなく、手をかける)を頑張ると、服のセンスは普通でもオシャレにみえます。

配色のルール

基本は、全体のコーディネイトを2色以内におさえるスタイル。

比較的応用が利いて、気軽に試せるような配色選びですね。

鞄、靴、小物含めて、3色以内に抑えます。

服選びのルール

お洒落な人はジャストフィット、その服のラインが綺麗に活きています。

ラインを強調してくれるもの、補正してくれるもの、よく見せてくれるもの最近は増えたように思えますね。

 

服の系統を揃える。定番の組み合わせを取り入れる。

これはいつの時代にも言えることですよね、アンバランスはひどく見えがちですからね。

オシャレな人はバッグ・靴・小物(アクセ)の使い方が上手いです。

これはいつも思っています、ワンポイントのアクセサリーなんかが、全体を変えてくれるので上手い人はシーンごとに使い分けているものです。

体型がいまいちの人は素材のクラスアップ、何色も使わない、分かりやすい複数ブランドを持たない、先っぽを気をつける(靴、髪、爪)柄と柄をあわせない。自分が綺麗に見える裾たけ、スカート丈を知る。

これも大事で、自分と上手に付き合っていく上では欠かせないものですね。

いたってシンプル、よく見ると上質、服の枚数はそんなに多くないが、ディティールが今風で主張しすぎない流行の小物を買っている。

こちらも小物をうまく利用する感じです。

オシャレなひとがしていること

姿勢とか歩き方で服も見違えると思います。

スタイルのいい人はたいてい姿勢がいいですもんね。

 

姿勢、背中に贅肉をつけない、これだけでずいぶんおしゃれに着こなせると思いますよ。

簡単に言いますが、これが出来るだけでファッションの幅は格段に広くなります。できればですが、姿勢をよくすることから始めることが必要です。

試着してみて、「ちょっとでも、ん~」と思った時は辞めておいた方がいいです。

これはたいていあっています。ちょっとでも疑問に持ったらやめておくべきです。買った場合炊いては後悔してしまいます。

『服の流行に全面的に流されない。取り入れても自分流にアレンジを加えられる人』

慣れてないと難しいですが、流行にひと手間加えることで、結構変化があります。

「あ、この服いいな。・・・でも値段が高いから妥協してこっちの服にしとこう」ってのをやめた

一切の妥協をしないところです。

これは好きだ!とか、これはいい!と思えば、そのアイテムが300円でも300万円でも買います。

これは言いすぎですが、妥協してはいけない時もあると思いますので、頭の隅にでも置いておいてください。

全身像を必ずチェック

出掛ける前に、靴も履いてバッグも持って(勿論アクセも)、上から下迄、後ろ姿、すべてチェック

簡単にですがまとめてみました。よろしければ参考にしてください。

Pocket