2014年版 秋冬の今年っぽいのは?ポイントモード系!!

Pocket

コレクションやストリートスナップを取り上げて、2014年秋冬のポイントをまとめてみました。今年のキーワードは”バランスとのことです!!注目ですね!!

オーバーサイズ

オーバーサイズのニットやアウターが定番です。
肩のラインに丸みがあるみのあるデザインがきになるものでうね。
一方、トップをコンパクトにしてボトムスでボリュームを出すのもいいかもしれませんよ。

Fall 2014 Ready-to-Wear
Dries Van Noten

ひざ下丈、通称「ミディ丈」のスカートです。

選ぶポイントはふくらはぎの一番高い位置のちょっと手前の丈の長さです!ここが大事です!!この選び方でスタイルの見え方が全然かわります!

そして、ウエスト位置をしっかり押さえてメリハリを印象づけましょう。こうすることによって身体が細く見え、バランスも良くなるのです。

重たいシルエットには、アンクル丈のブーツで肌チラ見せしていきましょう。足首の細さを見せて
なおかつヘアスタイルはタイトに、バッグは腰位置、胸より上をすっきり見せて良ければいいと思います。

Acne Studious
Fall 2014 Ready-to-Wear

私はコレクションを見た時、この帽子にはびっくりしました。このまま真似するのは一般人には無理だけれど、ニュアンスは真似したい、なんて思ってしまいました。

ファーとのレイヤードで上級者的合わせの一例です。素晴らしいことに眼鏡の色まで計算づくされています。足元をだして、スッキリと厚みのバランスが絶妙ですね。

ミモレ丈は、ヒールからフラットシューズまで幅広く対応できています。

出典tommyton.tumblr.com

ウエスト周りにちょっと空間をつくってあげるのがミソです。

このコーディネては人を選びますね。似合う人は似合うのでしょうけれど、チャレンジしたい人は是非ともアタックしてみてくださいね!!

ミニスカートもかわいいです。やっぱり鉄板ですね。

ロング丈

やぼったくなりがちなロング丈のアイテム。あえてベルトなどはつかわずに、シューズや足首の露出などでバランスをとって良ければ完璧です。

Acne Studious
Fall 2014 Ready-to-Wear

裾の切替しの色がきいています。バックから靴までぜんぶ淡い色でまとめているのもいいですよね。チェスターコートは、どんなコーデもエレガントにしてくれる今季の主役となってくれるはずです。マニッシュな空気感をミックスするといいです。

Fall 2014 Ready-to-Wear
Hermès

足元はアンクルブーツですっきりみせるのがコツですよ。

でもやっぱりロングはむずかしい。そういうときは短いトップスでウエストを高くみせていきましょ!!

出典soturnyourhead.tumblr.com

アートや柄を取り入れる

ヴィヴィットなイラストレーション。幾何学模様や連続柄。カルヴァン、シャーロットオリンピア、ヴァレンティノ、ドリス ヴァン ノッテン。シルエットにこだわったシンプルなものも拡大する一方、逆に大胆なものも増えてきたように思います。今後チェックしていきましょう!!

今シーズンの”柄”選びには都会的、かつエッジーに攻める。オリジナリティあふれるアート系総柄がいいかんじて流行していくかも。

出典tommyton.tumblr.com

こちらも色がいい。顔と服の雰囲気も合ってる。

スタジャンにプリント。ヒトクセある感じがおもしろい。

ワイドパンツはロングスカートのような感覚で。手元のバッグでセンスがぐんと光っている。

見ているだけでこちらも楽しくなるカラフルさ。

出典ink361.com

レースやフリルなどの素材 ロマンス系アイテム

おもいっきり甘いアイテムをハード、スポーティーなアイテムを合わせてギャップを大きくつくってあげるのがおすすめです!

モノトーン&スポーティーなアイテムで、ギャップを楽しんで見てはいかがでしょうか!

出典tommyton.tumblr.com

ちょっと上品なお花柄もかわいい。ロックぽさやストリート感ではずしているのがきいています。

顔もふくめて、甘い雰囲気にアーミージャケットというギャップがたまらないですね。

これなら今の季節でも取り入れやすい着方ですね。

ニット

おまたせしました、安定のニットです。
とくに今年はデザイン性があり、一枚で様になるものがトレンド。

この秋ニットを買うならタートルネックが絶対とのことです!

Acne Studious
Fall 2014 Ready-to-Wear

ケーブルもしっかり分かるものもよく見かけます。全体をグレー同系色、なおかつバッグの色がいい。

顔も埋もれるようなネックラインが高いニットが今年顔となるかもしれません。

Fall 2014 Ready-to-Wear
The Row

くまさんみたいでかわいい。
着れないけれど 笑。

ケーブルしっかりめ。首元の厚みもいい。

形はわりとスタンダードとなっています。ショーツにパンツインし、ラフにデニムジャケットをあわせる、このセンスが憎いですね。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする