腸内フローラと健康と美容の関係性について

Pocket

腸内フローラと健康との結びつきは叫んではメジャーなトピックです。

このことはけっけ王前からも言われてきたことですよね。ですが実際に科学的に証明は微妙な分野でした。だって、町内に動のような最近がいて、善玉、悪玉ごっちゃごっちゃですものね。

しかし、最近では研究が進んできたこともあって、ある程度のことはわかってきました。

そもそも腸内フローラってなんなのでしょうか?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が住んでいることはもはやご存知のことだと思います。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなると言われています。もはや一つ一つ特定するのも嫌になるレベルですよね。

大腸菌の種類

種類 はたらき 代表的な細菌
善玉菌
(有用菌)
ヒトの体に有用な働きをする菌
  • ビフィズス菌
  • 乳酸桿菌
悪玉菌
(腐敗菌)
腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌
  • クロストリジウム
    (ウェルシュ菌など)
  • ブドウ球菌
  • ベーヨネラ
日和見菌 善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたとき悪玉菌として働く菌
  • 大腸菌
  • バクテロイデス

特に回腸(小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態が日常のことです。このありさまは、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」と呼ばれているのです。

「腸内フローラ」とは、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うものだというのが分かっています。さらに、腸内フローラの状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化してくるのです。腸内菌を大きく分類すると、乳酸菌などのような善玉菌、ウェルシュ菌などのような悪玉菌、そしてどちらにも属さない中間の日和見菌が存在しているのです。もちろん生活習慣が良くないとわかっていますよね・・・・。



健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されているのですが、一方では、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなど人の健康に有害な物質が増えるてくるというのです。これは一大事ですよね。有害でしょ!!これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、さらにひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。もちろん逆のことが言えることは分かっています。アンチエイジングにも聞くということですね!!



「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であることが望ましい、、、それは健康を望む人すべての願いですが、生活習慣や、ストレス、食生活等をすぐに改善するのも難しいのが実際のところでもあり、昨今では発酵食品がブームになったり、乳酸菌強化食品やサプリメント等も多く利用していくことが今できることみたいですね。ストレスなんてそう簡単に撲滅できないのですから。

腸内フローラの特徴とは?

腸内フローラも個性みたいなもので、ヒトそれぞれ異なっています。善玉、悪玉、日和見菌の比率は、健康ならば、ある程度一定で、悪玉菌より善玉菌優勢で保たれているそうです。

棲み心地のよい腸内スペースでは、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げています。一方が増殖すれば、もう一方が抑えられるというように全体の数は定まっており、いつも腸内は陣取り合戦をしている状態とい割れています。様々な原因で菌叢バランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れてしまうものだそうで厄介ですね。

腸内フローラの研究の進化で得られた事実とは?

腸内フローラの研究は1681年オランダのレーウェンフックが顕微鏡で糞便中の菌を観察したことに始まります。その後1800年代以降、多くの研究者により腸内フローラを形成する重要な菌種が発見されていますが、腸内フローラの系統だった研究はなされていませんでした。

そこに、腸内フローラの系統的研究により「腸内細菌学」という新しい学問を世界に先駆けて樹立したパイオニア的研究者が、日本人の光岡知足・東大名誉教授です。光岡氏は1970年代以降、腸内フローラと宿主とのかかわりを提唱し、腸内環境のバランスが人の健康・病態を左右するとしました。

現在、世界各国で腸内フローラの研究が行われていますが、その中のアメリカ、ワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士は、科学雑誌「ネイチャー」の2006年12月21日号において腸内フローラが宿主の肥満に関係していることを発表しています。


腸内細菌学の研究は、戦後に始まり、未だ途上ですが、がんや糖尿病、うつ病などの医療の分野から、お肌のコンディションなどの美容の分野まで、人々の生活に深くかかわってゆく分野として、今後ますます研究が進められています。

これらが現在の腸内フローラについてです。結構わかってきたこと、これから期待できることいろいろあることだけはわかっていただけたことでしょう!!

美容にも健康、アンチエイジング・・・どれもファッションを楽しむ上で必要不可欠の要素ですね、最近メディアでも取り上げらたりしていますので、みなさんも知っているかもしれませんが、今後期待できますね!!



Pocket