ひどく傷んだ髪のレスキューのためにケアは万全ですか?

Pocket

髪の毛に痛みに築いてあげられていますか?

誰しもおしゃれのために、髪をいじりたいと思っていますし、パーマやカラーリングをしていると思います。ですが、やったらやりっぱなしにしていたら髪の毛は痛むばかりです。最初のうちは気がつかない程度かもしれませんが、ほおっておくと取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そういったことを避けるために何をしたらいいのかというと、正しいケアをすればいいだけです。

髪の毛をケアするポイント
  • 枝毛は可能な限り切り落とす。
  • 場合によってはオーガニックでないものをしようする
  • リンスとコンディショナーはさける
  • トリートメントの成分を確認する
  • 食事から見直す

これらのことが言われています。これらのことに触れていきます。

枝毛はどうするのが正解?

hear care  結論から言うと、枝毛を見つけたら切り落とすしかありません。どうしようもない枝毛って見たことあると思います。枝毛は基本的にはどんなケアしても治りません。

多くの人はトリートメントすれば治ると思うかもしれませんが、実際のところトリートメントは髪の毛を健康を維持するためのもので回復には効果が少ないのです。

ですので、救うよりは切り落とす方がいいのです。

どうにかして救いたいとお考えるのであれば、髪の毛のトリートメントを行って、健康管理して状況を見て、傷んだ部分のみきっていきましょう!!

オーガニック成分のものは使うべき?

hear careオーガニックなどの自然を大切にしたヘアケアは地肌に悪影響を及ぼさ何といった観点から注目されていますね。ですが、ひどく傷んでしまった髪の毛にとってはそうとは言い切れません。

オーガニックは洗浄力が弱いという特徴があるのです。ですので、カラーリング、パーマの成分が残ってしまうかもしれません。そういった成分が残っていてはトリートメントが行き届か何ことにつながるというのです。

もちろんオーガニックのヘアケアが悪いと言っているわけではありませんので注意してください。

髪の痛みが気になりだしたら、オーガニックでないものを一時的に使ってみてはいかがでしょうかということです。

リンスとコンディショナーは何を使えばいいの?

hear careシャンプー後のリンスとコンディショナーは髪の表面をコーティングするのに使われます。ところが、トリートメントは髪の内側に足りていないものを染み込ませて髪の毛を健康にさせるために使われます。

そういったとき、リンス、コンディショナーは痛みすぎた髪の毛に健康にしていく成分を届けにくくなるので、このときばかりはトリートメンとだけにちゅうちゅうしていきましょう!!

トリートメントはどういった成分のものを選べば正解?

先ほど言いましたが、コーティング自体があまり髪の毛を回復するのによくはありません。ですので、コーティング成分が含まれてないものを選んでいくべきです。

注目する成分は、髪の毛にいい成分を含んだもの選ぶべきです。

例えば、ホオバオイル・スクワラン・オリーブオイル・アンガンオイル・椿オイルなどが挙げられます。

食べ物から髪の毛の健康を!!

髪の毛を健康にするには日常の生活から見直してみることは大切です。

簡単にできるのは食事からです。

そうです、髪の毛に栄養分与えるのは食事からも可能です。

髪の毛にいいとされている食材はどういったものでしょうか?

1位「卵」・2位「ナッツ」・3位「牡蠣」・4位「緑黄色野菜」・5位「鶏肉」。

と言われています。

共通点としては豊富はビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪さんが髪の毛にいいと言われているみたいです。

ちょっとしたことからでもいいので、髪の毛のケアを心がけてはいかがでしょうか?

関連オススメ記事の紹介

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする