アイスクリームのお話し 皆さんが知らなかった事実が

今回は暑い夏にはかかせないアイスクリームのお話しをさせていただきます。

アイスクリームの種類

日頃アイスクリームと認識しているものは、大きく分類すると3種類に分かれます。

○アイスクリーム

乳固形分15.0%以上 (乳脂肪が8.0%以上) 入っているものを指します。

○アイスミルク

乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 入っているものを指します。植物性脂肪

が含まれている場合もあります。

○ラクトアイス

乳固形分3.0%以上入っているものを指します。

その他特に乳固形分、乳脂肪分の高いアイスクリームをプレミアム

アイスクリームと呼ばれていますが、法的定義はありません。

また乳固形分3.0%以下のものは氷菓と呼ばれています。(*_*)

アイスクリームは、乳脂肪の割合で分類されますが、その割合が高い物ほど高級、美味しい、高いということになります。アイスミルクやラクトアイスは、乳脂肪が低いですが、植物性脂肪を加えて、負けないような味付けがされています。バニラ味ではなく、色々な味付けがされるとわからないような商品もあります。(^^)

アイスミルクやラクトアイスに使用されている植物性の脂肪は、パーム油、ヤシ油と呼ばれている油で、アブラヤシの果実から得られる植物油ですが、食用油、マーガリン、ショートニング、石鹸の原料として利用されています。栄養的には、パルミチン酸を多く含み牛脂に近く、飽和脂肪酸の割合が約半分あり、コレステロールの高い成分になります。

アイスクリームは、高栄養食品ですが、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓の食べ過ぎは禁物です。

普段何気なく購入しているアイスクリームですが、値段と味で選ぶことが圧倒的と思いますが、一度、種類で味の比較をしてみてはいかがでしょうか !!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です