がんばれ!!脱3日坊主!続けられるランニング法があるみたいですが・・・

「走ると痩せる」と言われているので、走り始める人も多いとおもいます。ですがこれには裏があります。正しくは走り続けると痩せるというなのです。

いきなり走っても、体重もカラダのサイズも体脂肪率も簡単には変化しませんが、少しずつでも継続することで、徐々に成果が表れます。すなわち、走って痩せるためには、続けることがもっとも重要なのです。では、続けられる走り方とはどのようにすればいいのでしょうか?

◆できる日に走ること

「毎日走ろう」という決意は、サボるつもりがなく、体調や天気、仕事などの予定でできなくなった場合のキャンセルであっても、自分に対して罪悪感を持つ原因になることがあります。無理のない目標づくりを心がけ、例えば「月水金に走ろう」よりも、「週に3日走ろう」という考え方のほうが、ストレスなく続けや すくなるでしょう。

自分をあまり追い詰めてしまうと、その反動で結構続かなくなることってよくありますよね。それが所謂三日坊主だったりするのかもしれませんね。

◆走れる時間で

「1時間走ろう」も、普段運動していない人や、忙しい人にとっては重たい足枷となってしまう可能性があります。そこで、お気に入りのアルバム1枚分聞きな がら走る、起きてから朝食までの空き時間分だけ走る、などの方法を試してみましょう。「あと何分走らなくちゃいけない」という気持ちは、できれば持ちたくないですね。

これも大切ですね。時間に縛られている人がほとんどでしょうから、時間というよりは空き時間で行う方が続けられるのでしょうね。大切です!!続けるためには。

◆まずはウォーキングからはじめること

走り出す前にちょっと待って。最初の数週間はウォーキングを主にしてみてください。日頃運動不足であればゆっくりと、ある程度歩いている人なら速足でのウォーキングがおすすめです。
いきなり走ったことがある人ならわかると思います。すぐにバテてしまうのです。体がまだ運動する体勢になっていないのです。徐々に鳴らしていったほうが賢明なのでしょうね。

◆速足のスピードで走る

ウォーキングに馴染んできたら、いよいよ走り出します。でも、スピードは速足程度のゆっくりで十分。スピードよりも足の裏の着地感や手の振り加減、姿勢などに注意を払いましょう。

◆自分に合ったスピードで

体が走ることに慣れてくると、「もっと早く走りたい」という欲求が出てきます。その声に従い、でも徐々にスピードアップしていきましょう。

◆毎回スタートはウォーキングから

毎回走るたびに、ウォーキング~速足~ゆっくり走り~ランニングの段階を踏むと、限られた時間の中で体に無理なくランニングを行うことができます。歩きな がら体の節々を回したり緩めたり、心臓に対しても、徐々に負荷を増やすことで急激な血圧上昇などを避けることができます。

みなさんも走ると決めた以上、最初から颯爽と走りだしたいと思ってしまうと思います。ですが、慣れていない体は、気持ちについていくことができません。ですので、はやる気持ちを抑えて、体の速度に合わせてあげるといいと思います。これなら、無理を感じることなく、走り続けることができそうですね。あくまでも今よりはということですが(笑)。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク