歩数計の上手な活用法は?

スポンサーリンク

歩数計の上手な活用法は?

1日の動きをモニターする活動量計が人気

日本では山佐時計計器の「万歩計」に代表される歩数計。ウォーキングの際や、散歩に出るときだけ利用してももちろんいいのですが、家の中や職場でも、試しにずっとつけているとおもしろいかもしれません。

東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利先生は、群馬県で大規模な疫学調査を行なった結果、「1日8000歩」歩き、そのうち20分早歩きしていれば、生活習慣病全般の予防に有効だと結論づけています。

そして、その8000歩のうち2000~4000歩は、家事などで意識せずに歩いている歩数だそうです。歩数計をつけていると、「いそがしい1日だと思ったら、こんなに歩いていたのか」なんて発見があるのではないでしょうか。

また、最近人気の活動量計は、歩数だけではなく、家事や仕事などの活動も測ってくれるので、消費カロリー自体を知るのに便利です。歩数計や活動量計は、スマホのアプリとしても手に入ります。ゲーム感覚で楽しむダイエットもいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です