朝しっかり摂り、夜の摂取を控えたい栄養は?

スポンサーリンク

朝しっかり摂り、夜の摂取を控えたい栄養は?

主食の炭水化物は、朝・昼でじゅうぶんに摂る

お米などの炭水化物を「太る原因」だと思っている人は少なくないようです。ですが、太る原因は食べすぎであって、炭水化物に罪があるわけではありません。

お米、パン、おイモ、めん類など、炭水化物の多い食品は「主食」と言われます。主食とされる理由は、主なエネルギー源だからです。炭水化物をまったく摂らないでいると、脳が栄養不足になったり筋肉が落ちたりと、体に大きな負担をかけるおそれがあります。

1日のエネルギー源となる炭水化物は、活動を始める朝から昼にかけて、じゅうぶんに摂りましょう。特に、仕事で夕食が夜9時以降になる人は意識してください。

夜遅くに炭水化物や脂質を多く摂ると、翌朝の食欲がなくなって、体内時計がズレていきます。夜は主食を控えめに、野菜中心の消化のよいメニューで。

夜の食卓で、炭水化物や脂質を控えてほしい理由は、細胞に脂肪を蓄える遺伝子BMAL1の活動が活発だから(〇ページ参照)。ごちそうが、食べる先から内臓脂肪に変わっていく時間帯なんて、とても食事にあてる気になりませんよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です