口がさびしいとき、どうしのげばいい?

スポンサーリンク

口がさびしいとき、どうしのげばいい?

口さびしさは、「かじった感」で紛らわせる!

「口さびしさから、ついポテトチップスなどを食べてしまう」

ダイエットがうまくいかない理由として、そういう悩みをよく聞きます。

「禁煙したら、今度はスナック菓子が手放せなくて…」といったケースもその典型。要するに、手持ちぶさたで落ち着かないのです。

口さびしさをしょっちゅうお菓子で満たしていたら、当然、カロリーオーバーです。

何かが口に欲しくなったら、別のことをして数分だけしのいでみましょう。気がつけば欲求が消えているはずです。気を紛らわすには、水を飲む、雑誌を読む、家族としゃべる、友人にメールするなど、いろいろな方法が考えられますね。

また、よくスナック菓子が食べたくなる人は、「かじった感」がクセになっていることが多いもの。おなかはいっぱいなのに、パリパリとした「かじった感」欲しさにポテトチップスなどに手が伸びてしまうのです。これを防ぐには、口さびしくなったとき、生野菜やスルメ、シュガーレスガムなどを利用するとよいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です