ダイエット通信してみました。いい情報があるかもしれませんよ!!

皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

気が付くと暑かった日々は過ぎ去り、肌寒さすら感じるようになりました。私は「北海道育ちのため寒さには強いですよね」と言われることも多いですが、家にストーブがないこちらの生活が夏の暑さ同様苦手です。さて、秋になって皆さんが思い浮かべるのは、こんな言葉ではないでしょうか?『運動の秋』、『読書の秋』、そして『食欲の秋』。以前のメタボ通信でも書きましたが、日本では『正月太り』、『夏太り』など、四季を通じて、ついつい体重増加や血糖悪化の言い訳にしてしまいそうな言葉があります。では、日本において一年を通じてどの時期が太りやすかったり、血糖が悪化したりという傾向はあるのでしょうか?

実感されている方も多いかもしれませんが、血糖に関しては以前より季節変動があるといわれています。これまでに関東や九州で行われたいくつかの研究があり、いずれも冬に血糖コントロールが悪化することが示されています。では、何がその原因となっているのでしょうか?

これらの研究のひとつでは、外来通院中の糖尿病患者さんのHbA1c、体重変動および食事療法と運動療法をきちんと行っているかを調べました。すると夏や秋の方がHbA1cが低く、体重も軽いという結果になりました。食事療法は季節による変化がなく、運動療法については夏や秋に守れたと答える人が多かったことから、季節変動は運動量の変化に由来する部分が大きいと考えられました。

また、他の研究では体重が変わらなくても内蔵脂肪の占める割合が増えることが影響している可能性、摂取カロリーの増加と活動量の低下が影響している可能性が考えられました。確かに自分の一年を振り返ってみると、冬には忘年会、クリスマス、正月に新年会にと、暴飲暴食となって、外は寒いから家でゴロゴロ、ふと気付いた時には体重が増えていてまずいまずいと思うことが多い気もします。

今回は季節と血糖との関わりについて御紹介しました。もちろん、柿を沢山食べて、新米も美味しからついつい食べ過ぎちゃうという人は秋に血糖が悪くなるかもしれません。血糖の季節変動に関する明確な原因は未だ解明されてはいませんが、もし、自分の体重増加や血糖増悪の傾向がわかっている方は、自分はいつもこの時期コントロールが悪いからしょうがないと諦めるより、この時期はちょっと気をつけなきゃと心構えをしておくとよいのではないでしょうか。

すっかり涼しさを通り越して寒いくらいの今日この頃ですが、くれぐれも体調をくずさないように皆様も気をつけて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です